進行の遅い病気

手術を終えたとしてもがんの転移問題は無視することができません。再発を防ぐために治療や日常生活の中で対策をしましょう。

副作用をできるだけ少なくして咽頭がんを治療してくれるクリニックはコチラです。無料相談会も随時行っているので、ぜひお申し込みください

絶対慌てないこと

先生

がんが転移する、この言葉を聞いて恐ろしいイメージを持つ人も多いことでしょう。病気のイメージが独り歩きをして、世の中の人は不必要にがんを怖がります。しかし、この病気は、他の病気と違って非常にゆっくり進行します。急激に悪化する病気であれば、転移する前に人が死んでしまいます。従って、転移があったとしても、それほど深刻になる必要もないのです。がんの治療は、ゆっくりと時間をかけて行うので、体力的に持ちこたえられる人であれば、転移がんも治療が可能なのです。治療に必要なのは、先ず病気と向き合うことです。治療時間は十分あります。医師との連携も大事ですが、自分の側としても病気に打ち勝つ意欲をしっかり持つことです。

原因をしっかり絶つこと

病気には原因があります。生活習慣病と言われるがんも、普段の食生活や行動の中に原因となることが含まれています。病気と診断されたら、勿論治療をしっかり受けることが先決ですが、同時に自分の生活習慣も見直す必要があります。そうでないと、いくら良い治療を受けても、効果が得られません。病気の原因となっていたこと、悪影響を与えていた習慣を改善してこそ、確実な治療ができるのです。がんの原因としては、食生活が大きな割合を占めています。自分の食生活を変えて、健康的な内容にするだけでも、治療の半分は達成すると言われています。治療と生活の見直し、そして前向きな気持ちを持つことで、転移したがんが完治したという事例もあります。

脳に発生する疾患について

先生

髄膜腫とは脳に出来る腫瘍の一種で、脳を覆っているくも膜を形成している細胞に発生する腫瘍の事を言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫して体に麻痺等が起こるので、手術で腫瘍を取り除くのが基本的な治療方法となっています。

読んでみよう

希少がんの治療法について

先生

十二指腸がんは比較的希少ながんであり、時に診断や治療が遅れることがあります。進行してしまったがんの場合、現在では負担の少ない免疫細胞療法が人気を集めているのです。今後はこのような療法と一般の治療を併用するケースが増えていくでしょう。

読んでみよう

乳がんに関すること

先生

病院の乳がん検診は、問診をしてから視診と触診を行い、マンモグラフィ検査をすると言う特徴があります。また、乳がん検診は市区町村でもやっていますが、あまり知られていません。今後は、多くの人に知ってもらうために、広報活動に力を入れてくるでしょう。

読んでみよう